愛人契約

愛人が欲しい、愛人掲示板で もともと夜の仕事が好きだった。きれいな着物きたり、ドレス着たり、素敵なアクセサリー、髪もいつもきちんとして、そういう女の人に憧れていた。 実際、18になってからその世界に飛び込んだ。そして23になるまでずっと夜のお店で働いていた。 23の時、お客の一人と愛人契約を結んだ。最初は夜働き続けていいということだったので、それならばと思って愛人契約に同意したのだが、しばらくすると夜の店はやめてほしいと言われた。 だったら、別れようと提案したのだが、その愛人契約では関係を解消するのは双方の合意が必要となっていて、彼はその気がなかった。 「月に十分な額を渡しているじゃないか。店で働く以上の額だと思うけど?」 「そういうことじゃないの。生きがいとかやりがいの問題なの。愛人契約でも一生私を養っていくことなんかできないでしょ。私は私の人生があるの」 「俺がお前の生きがいであり、やりがいなんじゃないのか? 愛人契約ってそういうことじゃないのか?」 なんだかいつも話し合いも平行線だ。 悪い人じゃない。優しい人だとは思う。だけど、こういう人だからこそ、私を夜の世界から救い上げてやろうという騎士道精神が強いのかもしれない。 「私は好きだから夜の仕事をしているの。それが許せないなら、一緒にいても無意味なんじゃないの?」 別れてもいいや、そんな気持ちで言ってやった。 「よく考えてみろ。お前が夜働いてたら、俺はどうなる? お前に会いにクラブに行かなきゃならないのか? 愛人契約してる相手なのに?」 あぁ、なんかもう、この人のこういう価値観がダメかもしれない。 セフレをTwitterで探す Twitterでセフレ

素人女性・男性のエッチな声投稿広場
題名返信数名前最終投稿日時
<<<1>>>

エッチな人妻とパソコンでテレビ会議
本日:[ ]  昨日:[ ]  累計:[ 4 ]